カテゴリー
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

 株式会社等への税金の課税は、法人税法により行われます。



計算方法は、アバウトに説明しますと、



売上-経費=利益(所得)



となり、この通常、利益(所得)に対して法人税が課税されます


したがって、まず売上を正確に把握することが大事です。



税務調査でも、売上を調べないことは、通常ありませんし。



比重としては、半分以上時間を充てられます。



飲食店、小売業などの現金商売の場合には、



現況調査として、無予告に調査に来る場合もあります。



飲食店などは、日頃の現金管理が非常に大事になります。



したがって、現金出納帳の記帳はもちろん、レジペーパーとの照合、



伝票、領収書等へのナンバリング管理



現金残高との照合が重要になります。





現金管理は毎日金種まで合わせることを要求し、



ファックスなどで、毎日報告を受けることが必要です。





また、特に決算期前、決算期後の売上、仕入れについては、



棚卸しとの関係も含めて、重点的にチェックされます。


売上をもらした場合には、通常役員賞与課税もされ、



社長個人の源泉税も支払わなければならなくなります。



特に注意したいのは、飲食店などで、



従業員などが売上を漏らしても、



会社に対して



法人税、源泉税が課税されるという点です


仕入れ経費については、領収書を日付順にスクラップブックに



貼って、整理することが、必要です

保存状況が悪いと消費税の仕入税額控除ができないと指摘されます


旅費、備品購入などの支払い

業務上のものであることを説明できるようにしておく事が大切


交際費については、



損金算入限度額の規定があります



頻繁な飲食代については、役員賞与など



給与課税されないよう、説明できるようにする



従業員に対して金銭で支給したものは、



一部を除いて、基本的には



給料課税されると考えて、



税法等でよく調べることが必要です。

税務調査では、小規模事業者に対しては、



個人的な経費のつけ込みがされていないか





土日の飲食代などは、





業務上のものであることを



説明できるようにしておく事が大切


確定決算主義

減価償却費、引当金などは、
確定決算書に損金経理により計上し、
申告書に所定の記載をしないと、
経費として認められませんので、
ご注意下さい。

内国法人の各事業年度の所得の金額は、
当該事業年度の益金の額から当該事業年度の損金の額を控除した金額とする。

2 内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上
当該事業年度の益金の額に算入すべき金額は、
別段の定めがあるものを除き、
資産の販売、有償又は無償による資産の譲渡又は
役務の提供、
無償による資産の譲受けその他の取引で
資本等取引以外のものに係る当該事業年度の収益の額とする。

3 内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上
当該事業年度の損金の額に算入すべき金額は、
別段の定めがあるものを除き、次に掲げる額とする。

一 当該事業年度の収益に係る
売上原価、完成工事原価その他これらに準ずる原価の額

二 前号に掲げるもののほか、当該事業年度の
販売費、一般管理費その他の費用
償却費以外の費用で当該事業年度終了の日までに債務の確定しないものを除く。)の額

三 当該事業年度の損失の額で資本等取引以外の取引に係るもの

4 第二項に規定する当該事業年度の収益の額及び前項各号に掲げる額は、
一般に公正妥当と認められる会計処理の基準に従つて計算されるものとする。

 法人税基本通達2-2-12
償却費以外の費用で
当該事業年度終 了の日までに債務が確定しているもの とは、
別に定めるものを除き

次に掲 げる要件の全てに該当するものがこれ に該当するとしています。

①当該事業年度終了の日までに当該 費用に係る債務が成立していること、
②当該事業年度終了の日までに当該債 務に基づいて具体的な給付をすべき原 因となる事実が発生していること、
③ 当該事業年度終了の日までにその金額 を合理的に算定することができるもの であること。

5 第二項又は第三項に規定する
資本等取引とは、
法人の資本金等の額の増加又は減少を生ずる取引並びに法人が行う
利益又は剰余金の分配
資産の流動化に関する法律第百十五条第一項
中間配当に規定する金銭の分配を含む
及び
残余財産の分配又は引渡しをいう。

(前期損益修正)

2-2-16 当該事業年度前の各事業年度
(その事業年度が連結事業年度に該当する場合には、当該連結事業年度)において
その収益の額を益金の額に算入した資産の販売又は譲渡、役務の提供その他の取引について
当該事業年度において契約の解除又は取消し、値引き、返品等の事実が生じた場合でも、
これらの事実に基づいて生じた損失の額は、
当該事業年度の損金の額に算入するのであるから留意する。

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 株式会社等への税金の課税は、法人税法により行われます。





計算方法は、アバウトに説明しますと、






売上-経費=利益(所得)





となり、この通常、利益(所得)に対して法人税が課税されます


したがって、まず売上を正確に把握することが大事です。





税務調査でも、売上を調べないことは、通常ありませんし。






比重としては、半分以上時間を充てられます。






飲食店、小売業などの現金商売の場合には、






現況調査として、無予告に調査に来る場合もあります。






飲食店などは、日頃の現金管理が非常に大事になります。






したがって、現金出納帳の記帳はもちろん、レジペーパーとの照合、






伝票、領収書等へのナンバリング管理






現金残高との照合が重要になります。









現金管理は毎日金種まで合わせることを要求し、






ファックスなどで、毎日報告を受けることが必要です。









また、特に決算期前、決算期後の売上、仕入れについては、





棚卸しとの関係も含めて、重点的にチェックされます。


売上をもらした場合には、通常役員賞与課税もされ、





社長個人の源泉税も支払わなければならなくなります。






特に注意したいのは、飲食店などで、






従業員などが売上を漏らしても、






会社に対して






法人税、源泉税が課税されるという点です


仕入れ経費については、領収書を日付順にスクラップブックに




貼って、整理することが、必要です

保存状況が悪いと消費税の仕入税額控除ができないと指摘されます


旅費、備品購入などの支払い

業務上のものであることを説明できるようにしておく事が大切


交際費については、





損金算入限度額の規定があります






頻繁な飲食代については、役員賞与など






給与課税されないよう、説明できるようにする






従業員に対して金銭で支給したものは、






一部を除いて、基本的には






給料課税されると考えて、






税法等でよく調べることが必要です。

税務調査では、小規模事業者に対しては、





個人的な経費のつけ込みがされていないか










土日の飲食代などは、









業務上のものであることを






説明できるようにしておく事が大切


確定決算主義

減価償却費、引当金などは、
確定決算書に損金経理により計上し、
申告書に所定の記載をしないと、
経費として認められませんので、
ご注意下さい。

内国法人の各事業年度の所得の金額は、
当該事業年度の益金の額から当該事業年度の損金の額を控除した金額とする。

2 内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上
当該事業年度の益金の額に算入すべき金額は、
別段の定めがあるものを除き、
資産の販売、有償又は無償による資産の譲渡又は
役務の提供、
無償による資産の譲受けその他の取引で
資本等取引以外のものに係る当該事業年度の収益の額とする。
3 内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上
当該事業年度の損金の額に算入すべき金額は、
別段の定めがあるものを除き、次に掲げる額とする。
一 当該事業年度の収益に係る
売上原価、完成工事原価その他これらに準ずる原価の額
二 前号に掲げるもののほか、当該事業年度の
販売費、一般管理費その他の費用
償却費以外の費用で当該事業年度終了の日までに債務の確定しないものを除く。)の額
三 当該事業年度の損失の額で資本等取引以外の取引に係るもの
4 第二項に規定する当該事業年度の収益の額及び前項各号に掲げる額は、
一般に公正妥当と認められる会計処理の基準に従つて計算されるものとする。
 法人税基本通達2-2-12
償却費以外の費用で
当該事業年度終 了の日までに債務が確定しているもの とは、
別に定めるものを除き

次に掲 げる要件の全てに該当するものがこれ に該当するとしています。

①当該事業年度終了の日までに当該 費用に係る債務が成立していること、
②当該事業年度終了の日までに当該債 務に基づいて具体的な給付をすべき原 因となる事実が発生していること、
③ 当該事業年度終了の日までにその金額 を合理的に算定することができるもの であること。

5 第二項又は第三項に規定する
資本等取引とは、
法人の資本金等の額の増加又は減少を生ずる取引並びに法人が行う
利益又は剰余金の分配
資産の流動化に関する法律第百十五条第一項
中間配当に規定する金銭の分配を含む
及び
残余財産の分配又は引渡しをいう。

(前期損益修正)

2-2-16 当該事業年度前の各事業年度
(その事業年度が連結事業年度に該当する場合には、当該連結事業年度)において
その収益の額を益金の額に算入した資産の販売又は譲渡、役務の提供その他の取引について
当該事業年度において契約の解除又は取消し、値引き、返品等の事実が生じた場合でも、
これらの事実に基づいて生じた損失の額は、
当該事業年度の損金の額に算入するのであるから留意する。

カテゴリー: