このエントリーをはてなブックマークに追加

内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上
当該事業年度の益金の額に算入すべき金額は、
別段の定めがあるものを除き、
資産の販売、
有償又は無償による資産の譲渡又は
役務の提供、
無償による資産の譲受けその他の取引

資本等取引以外のものに係る
当該事業年度の収益の額とする。

  資本等取引とは、
法人の
資本金等の額の増加又は
減少を生ずる取引並びに
法人が行う
利益又は剰余金の分配
((中間配当に規定する金銭の分配を含む
及び
残余財産の分配又は
引渡しをいう。

(資本金等の額)


  • 十六 資本金等の額
  •  法人()が
  • 株主等から出資を受けた金額として政令で定める金額をいう。

以下略